クルマの脆弱性?一切クルマに触れずに最新車が遠隔操作されてしまうニュースに思う事

アメリカのセキュリティー専門家が「ジープ チェロキー」の安全実験を行い、走行中にも関わらず遠隔操作が可能であることが実証されたそうです。しかも遠隔操作はこれまでに前例のあるクルマの車載コンピュータに接続した状態ではなく、車体に触れずに社外の離れた場所から操作されてしまったとのこと

uconnect 具体的な遠隔操作としては ・エアコン操作 ・ラジオ ・ワイパー ・減速 とかなり深刻ですね 高速を走行中に起きたらパニックです
詳しい様子は:http://gigazine.net/news/20150723-car-remote-hack/ 既に修正プログラムを配布済みとのことですが、下記のクルマを所有する方は注意が必要です。 今回指摘された、「外部から車を遠隔操作され得る」というUconnectの脆弱性について、フィアット・クライスラーがリコールを行い、同種のシステムを搭載した全140万台のソフトウェア更新をすると発表しました。対象となる車種は ・2013年型~2015年型「ダッジ・バイパー」特別仕様車 ・2013年型~2015年型「ラム 1500」「ラム 2500」「ラム 3500」のピックアップトラック ・2013年型~2015年型「ラム 3500」「ラム 4500」「ラム 5500」のシャーシキャプ ・2014年型~2015年型「ジープ・グランド・チェロキー」「チェロキー」 ・2014年型~2015年型「ダッジ・デュランゴ」 ・2015年型「クライスラー200」「クライスラー300」「ダッジ・チャージャー」「ダッジ・チャレンジャー」 で、これらのうち、8.4インチのタッチスクリーンを装備している車両が対象。ソフトウェアの更新は、USBメモリを使って車の持ち主自身が行う形です。 http://gigazine.net/news/20150723-car-remote-hack/より転用

これまでもプリウスなどが遠隔操作できるとニュースになっていましたが、今回のニュースではもっと深刻な状況のようですね Windows10の販売が迫っていますが、マイクロソフトは多くのデバイスでWindows10が動くことをアピールしていますので、今後もクルマに限らず冷蔵庫や洗濯機なんかにもOSが搭載されネットに接続されることでしょう。出先から冷蔵庫の中身を確認できたり、帰宅時に洗濯が終わるようにタイマー設定されたりと便利になる一方で、このようなニュースが多く報告されるのでしょうね。怖いでしょう深夜に洗濯機が動き出したり冷蔵庫の電源が切れて野菜や冷凍品がダメになったら怖いなぁ。例でいうなら「ダイ・ハード4」のサーバーテロみたいな感じかなぁ クルマとインターネット クルマ自動運転なんか未来の話だと思っているかもしれませんが、実は既に自動化されたシステムは多く、自動パーキングアシストなんかはハンドルとアクセル・ブレーキ操作をコンピュータが行うのです。これを悪用したら時限的に建物へクルマが飛び込んだりしないか心配です。 つい最近、「アベンジャーズ」の最新作を見たのですが映画のなかでも人工知能が暴れる内容で人間が作り出したAIが人間を脅威と思ってしまう部分は多くの映画でも共通しますね。古くはターミネーターもそうでした。 やっぱりクルマは運転するほうが楽しいですよ。きっと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする