音響メーカーのカナル型イヤホン ヤマハが発売したイヤホン これ買いかも

僕、ヤマハ好きなんです。ヤマハはピアノやバイクだけじゃないんです。IT系でお話しすると国内企業向けルーター市場シェアNo.1です。ご存知でしたか? このYAMAHAルーター 自分も設定したことがありますが、コマンド(文字だけ)以外にもWeb画面からの設定が行えること純国産メーカーなので日本語にもネイティブ対応していますので、何かと安心です。
yamaha_share1
そんなヤマハさんが音響メーカーとして自信を持って カナル型イヤホン3機種「EPH-20」「EPH-30」「EPH-50」を発売します。販売日は11月25日です

1.ファッション性に優れ音楽ジャンルを選ばない『EPH-20』
小型ボディで装着感に優れた『EPH-20』は、明瞭でさっぱりとしたサウンドで音楽ジャンルを選ばずオールマイティに使うことができるモデルです。ブラック、ブラウン、ブルー、ピンク、グリーンの5色のカラーバリエーションを用意しており、ファッションやライフスタイルに応じて選ぶことができます。高い遮音性を実現し、音の細部まで忠実に再現するカナル型インナーイヤホン。カラフルな5色のカラーバリエーションが、耳元をカジュアルに演出するオールマイティーなエントリーモデル。

ファッション性に優れ音楽ジャンルを選ばない『EPH-20』
2.量感豊かでパワー感あるサウンドを実現した『EPH-30』
シリーズ最大となる110dB ±3dBの出力音圧レベルを実現した『EPH-30』は、量感豊かな低音と粒立ちの細かな高域が特長のモデルです。メタリックハウジングをアクセントにし、球面を半分にカットしたようなシンプルなデザインとしており、ブラックとホワイトの2色を用意しています。ローエンドからハイエンドまで幅広い周波数帯域をカバーし、高音質・遮音性に優れたカナル型インナーイヤホン量感豊かで深みのある重低音、粒立ちの良い高音を再現。バランスの良い高音質が楽しめます
量感豊かでパワー感あるサウンドを実現した『EPH-30』

3.レンジが広いHiFiサウンドを目指した『EPH-50』
口径13.6mmの大型ダイナミック型ドライバーユニットを搭載した『EPH-50』は、低中域の切れの良さと解像度の高い高域を実現したモデルです。ケーブルのからまりを防ぐ、スマートケーブルホルダーを装備しており、収納や持ち運びの際の不快なケーブルの“もつれ”や変形を抑えます。ミニプラグに加えて、楽器用に便利な6.3mm変換プラグを付属しており、リスニング、モニター、楽器演奏など、さまざまな用途に幅広く使うことができます。
ヤマハ イヤホン『EPH-50』(ブラック)

主な仕様を

EPH-20 EPH-30 EPH-50
形式 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型 密閉ダイナミック型
再生周波数帯域 20~21,000Hz 20~21,000Hz 20~21,000Hz
ドライバー口径 Φ10.7mm Φ9.0mm Φ13.6mm
インピーダンス 17.0Ω 16.0Ω 16.0Ω
最大入力 100mW 20mW 100mW
出力音圧レベル 103dB ±3dB 110dB ±3dB 104dB ±3dB
プラグ 3.5mmL型ステレオミニ(金メッキ) 3.5mmステレオミニ(金メッキ) 3.5mmL型ステレオミニ(金メッキ)、6.3mm変換ステレオプラグ(ミニプラグ→標準プラグ)
コード長 1.2m 1.2m 1.2m
質量 3.0g (ケーブル除く) 、10.0g (ケーブル含む) 3.0g (ケーブル除く) 、11.0g (ケーブル含む) 5.0g (ケーブル除く) 、11.0g (ケーブル含む)
付属品 イヤーパッド(S,M,L) イヤーパッド(S,M,L) イヤーパッド(S,M,L)
気になる価格ですが、「EPH-20」が予想5,000円 「EPH-30」が予想10,000円 「EPH-50」が予想20,000円位が予想です。実売は1,000円~3,000円安くなるのではと、ヤマハさんの生産終了も含めヘッドホン ラインナップが充実していて用途に合わせて販売しています その一部をご紹介します

関連HP:ヤマハ“30年ぶり”のヘッドホンを聴いた! - 「HPH-200」「EPH-100」を編集部5名がクロスレビュー

アルミ削りだしボディでシャープでクリアなサウンドを再現してくれるそうです。Amazonのレビューも参考にしてください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする