アウディ Audiの企業ブランドステートメント「Vorsprung durch Technik」って どんな意味なの?意外と知らない企業イメージ戦略

「駆け抜ける喜び」こちらはご存知の方も多いと思いますが、BMWのブランドステートメントというかクルマという製品に対するBMWの思いですね。ただ「駆け抜ける喜び」はBMW JAPAN 他国のBMWでは「走る歓び」となっていたりする。日本メーカーも世界戦略として同様にあるスバルの場合は「Confidence in Motion」こちらは「確かなクルマづくり」の姿勢と「積極的に時代の動きを捉えて」を組み合わせている。

私がいつも気にはなっていたけど、意味を調べていなかったアウディさんのブランドステートメントである「Vorsprung durch Technik」こちらの意味は? image
「Vorsprung durch Technik」はドイツ語です。
アウディはドイツの企業なので納得です。それでは意味はGoogle翻訳してみると「技術によるエッジ」と翻訳された何となくアウディのイメージと直訳があっているような気がするけど・・・ 

本当の意味は?
調べてみると、アウディのブランドイメージ「技術による先進」という意味が込められているそうです。確かにアウディの先進技術は時に世界を驚かせますクアトロなどが代表的な技術ですね。
.embed-container { position: relative; padding-bottom: 56.25%; height: 0; overflow: hidden; max-width: 100%; height: auto; } .embed-container iframe, .embed-container object, .embed-container embed { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }

日本企業のスローガン(ブランドステートメント)を再度見ていくと

トヨタ:「FUN TO DRIVE, AGAIN」
「日本人の気持ちをもう一度ドライブさせたい」「もう一度新しいクルマの楽しさを創造させたい」という想いを込めたのである。以前(1984-87年)にも「FUN TO DRIVE」を使っており、それに「AGAIN」をつけて新たなスローガンとし、クルマ本来の楽しさに加え、「つながる」や「未来のクルマ社会」も含めた新しい時代の「クルマの楽しさ」をお届けしていくというトヨタの決意を表した。

ホンダ:「The Power of Dreams」
私たちHondaは、一人ひとりが抱いている 「こんなものがあったら楽しいなあ」「これができたら、多くの人が喜ぶだろうなあ」という夢や想いを大事にして、日々新しい製品の創造や技術にチャレンジしています。夢があるから失敗を恐れず、夢の実現へとチャレンジする。勇気と力が湧いてきます。夢は私たちを動かす大きな力。
Hondaは「The Power of Dreams」を原動力に、世界に新しい喜びを提案していきます。

それぞれの企業が想いを表すブランドステートメント・企業ステートメントを見ていくとなかなか面白い。大企業以外でも社訓や企業理念があると思います。自分の会社はどうなのか?再確認してみてはどうでしょうか? 関連ページ:他社の経営理念を調べてみました|面白法人カヤック

.embed-container { position: relative; padding-bottom: 56.25%; height: 0; overflow: hidden; max-width: 100%; height: auto; } .embed-container iframe, .embed-container object, .embed-container embed { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100%; height: 100%; }

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする