東京オートサロン2016で早くも新型「プリウス」のカスタマイズモデル展示!!レクサス「LX」「RX」も登場。

東京オートサロン2016が年明け早々に開催されます。まだ正月気分が抜けない方も多い頃ですが、クルマ業界は忙しいですね。

先日もオートサロンにヴォクシー(ノア)のG’sモデルが登場とご案内しました。

こんどは新型「プリウス」のカスタマイズモデルを展示されるニュースがありましたの詳細を確認してみます。

展示車両は2種類
「アイコニックスタイル」と「アップグレードスタイル」です
何が違うのか?説明を読む限り「アイコニックスタイル」はエッジの効いたフォルムを強調するデザインとなっており「アップグレードスタイル」はスタイリッシュスマートみたいな表現が良いデザインのようです。

色の違いがあるのでどちらも良いまとまり感ですね。最近のトヨタのカスタマイズに多いドア下部のメッキパーツ(サイドドアガーニッシュ) これは取り入れたいと個人的に思うのですが自分のクルマがないので・・ ドアミラーガーニッシュやダウンサス そしてアルミも展示されるそうです。

新た「プリウス」以外にもレクサスの「LX」「RX」のS」2車種も登場するそうです

どちらも手に入らないので、簡単に画像を張り付けておきます。こちらはRXがガンダム仕様ですね。個人的な感想です

アルファードの特別カスタマイズモデル(コンプリートカー)も展示されますね。こちらはVIP用のクルマとしての需要が急増していて生産が追い付かない状態となっているようです。一昔前はトヨタのセンチュリー セルシオ 最近ではレクサスLSが重役の方が乗るクルマの代表でしたが、アルファード/ヴェルファイアなどの大型ミニバンのリアシートを2名乗車専用にしたモデルが人気のようです。芸能人にも多いとか やっぱり室内空間の大きいと何かと便利ですよね

プリウス関係のニュースでは既に生産が開始されている事がユースになっていました。

年内の営業(公私)も残すところ2週間程度となり忙しい時期に突入してきました

もう一頑張りしましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする