仮想SWの追加

ESXiサーバにはNIC4枚搭載されています現状、使用しているのは1枚だけ
ネット検索するとteaming(冗長化)などもできると知りました
なんて素晴らしいのでしょう びっくりしました
今回は仮想SWの追加を行います 使い方はいろいろですが外部(DMZ)
内部と分けてサーバを起動させてみたい
別セグメントからもサーバへのアクセスができるようにしたいなどいろいろですね

私の場合は、実験的にですが・・・・

まずは、vSphere Clientを起動させてESXiの構成情報を確認します
現状は、vmnic0(物理NIC)を192.168.2.0/24の物理SWに接続されています
※サーバはそれぞれ192.168.2.0/24の範囲でマネージメントポートに
 192.168.2.239を設定しております


「ネットワークの追加」をクリックしますネットワークの追加ウィザード画面が表示されます  「接続タイプ」”仮想マシン”を選択し、「次へ」をクリックします


仮想マシン-ネットワークアクセス仮想SWに割り当てる物理NICを選択します
 表示はvmnic*となっています物理NICはサーバ本体のどのNICなのかは
環境により変わりますのでご注意ください。選択したら、「次へ」をクリックします
ネットワークラベルを設定し、「次へ」をクリックしてください
仮想スイッチの画面に先程追加した
新しい仮想SWが表示されます画面は物理NICにLANケーブルを接続して
いないため×が表示されています
最後に、構成を確認し、「終了」をクリックしてください


あとは、プロパティでIPアドレス等の詳細設定を行ってください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする