Let’s Note W5にWindows8をインストール成功

Windows8が発売されてパソコンメーカもwindows8搭載機の販売が始まっていますが
MicrosoftWindows8へ

我が家にも最新パソコンが・・・ ほしい。。。

 思い出しました。5~6年前に購入したLetsNoteW5 CPU:CoreSolo MEM:1.5GB
WindowsXPとWindows7のデュアルブート機です ほとんど使っていないのですが
MacBookAirはWindows7とMacOSXが稼働中で 嫁の環境もあり Windows8なったら
少々面倒だぁ が

このLets君なら 誰も(自分だけ)使わない

とりあえずやってみるか

それにこのキャンペーン
Windows8アップグレード¥3,300円
安い

Windows7ProあたりがDSP版で1万強という状況で3,300円は安い

オンラインでアップグレードできるし速攻準備 無線ではなく有線でパソコンを
インターネットに接続します。

システム要件
 1 GHz 以上のプロセッサ Lets君 ○なんとか要件を満たしています。
 2 GB の RAM      Lets君 ×残念 最大搭載できるメモリは1.5GB
 20 GB のハード ディスク空き容量 Lets君 ○再インストール直後で余裕あり
 1366 × 768 の画面解像度 Lets君 △ ワイドではない・・・

しかしながら、やってみる価値はある

 手順
 1.アップグレード確認(チェック)PG実行
 2.アップグレード方法確認(ユーザデータは以降しない)→BACKUPでOK!!
 3.OSイメージダウンロード
 4.OSアップグレード開始
 5.Windows8ロゴが表示されて起動・・・・が 途中で失敗
   WindowsXPに環境が戻ってしまう。 あきらめないぞ!!
 6.Panasonicユーティリティ系をアンインストール
 7.SymantecEndpointProtection12をアンインストール
 8.再度アップグレード実行!!
 9.眠くなある。。。 すでに深夜1時・・・・
10.朝になる パソコンの画面に見慣れないWindows8ログイン画面!!

成功した。。 

Lets君にWindows8が入ったぁああ。

そして、あれから1週間位

このブログを更新しているのはLets君である
 ネットとメールなど基本的な動作には不満は感じない

メモリ消費も
起動直後は半分使用 CPUもそれ程熱くならない。

 まずまず LetsNoteW5 Windows8 インストール
よかったOSが無駄にならなくて

追記 その後も順調に動いております
    Symantec等のソフトウェアはWin8に移行できませんので削除をお勧めします
    OSレベルの変更を加えるようなソフトも削除したほうがよいかもしれません
    私の周りにもWin8UPに失敗した方が結構います どうぞ慎重に

  

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする