ホンダ 新型ストリームを中国で発見?やっぱりハイブリッド搭載か?販売時期はいつ頃?

jade 写真は中国で発表された「ホンダ・ジェイド」です。なぜ緑色なのか?それはjadeというのは翡翠(ひすい)の英語訳で翡翠色がミドリだから・・・ なのだろうと思っています。 まず現行のホンダ ストリームですが、2006年のモデルチェンジ以降何度かのマイナーチェンジを繰り返し成熟期のミニバンとして販売されてはいますが、若干古さを感じるパッケージです。 それでは、現行ストリームと中国ホンダのジェイドを比較してみましょう

現行のストリーム
全長4,570mm
全幅1,695mm
全高1,545-1,570mm
R20A型:2.0L 直4 SOHC i-VTEC
R18A型:1.8L 直4 SOHC i-VTEC ホンダ・ジェイド(JADE)
全長4,660mm
全幅1,775mm
全高1,500mm
R18Z6型:1.8L 直4 SOHC i-VTEC 大きさも酷似しており、搭載されているエンジンもストリームと同じらいしいので、ほぼ中国版のストリームと言っていいと思います。気になる部分を写真で紹介します。
jade3 これは面白い、3列シートは変わらないが注目は2列目シート キャプテンシート?となっている。日本でも実現してほしいシート配列ですね。
jade2 運転席まわりもすっきりとした印象です
streme 現行のストリームがどのように化けるか 期待したいと思います。

次期モデルのホンダ ストリームはどのような内容なのか?
・基本コンセプトは変わらずスタイリッシュな走れる曲がれるミニバン
・全高は抑えられたツアラーで立体駐車場もOK
・最大の売りがハイブリッドの搭載
・販売時期は2014年秋頃

搭載されるハイブリッドシステムはフィットやニューモデルのヴェゼルに搭載されている
i-DCD1.5Lエンジン+電気モーターではないかと噂されています。
eng
しかし、個人的にはエンジンのホンダなので、先日発表した1.5L4気筒直噴ガソリンターボエンジンの搭載もあるのではないか?と関連記事としてホンダ 次期ステップワゴンのダウンサイジングとは? キーワードはダウンサイジングですね。燃費性能に優れたハイブリッドもいいのですが、パンチのある加速と低燃費を両立する直噴ガソリンターボエンジンに期待です。

関連記事:次期ステップワゴン ダウンサイジングで1.5 VTECターボ エンジン搭載。燃費と 環境性能を向上させ、価格面で他社と差別化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする