35歳からの人生設計 知っておきたい 住まい 子育て 定年 老後の事

私は現在35歳 結婚し子供が生まれ親になり 妻 長女(2歳) 次女(0歳) の4人家族です

私は会社員
妻は公務員(市立病院勤務)
世帯年収は6〜700万程度で賃貸に住み クルマを所有(普通車2台)しています
とある雑誌の記事を参考に子育て〜老後までの貯蓄について考えてみた
老後資金を考えるうえでは、マイホームを買ったほうがいい。老後も賃貸生活を続けるとすれば、家賃の分だけ老後資金が多く必要になるからだ。老後の家賃を月8万円とすれば、25年間だと2400万円になる。マイホームを持てば維持費やリフォーム費用がかかるが、それらを計1000万円と見積もっても、老後資金は1400万円も多く必要になる計算だ
住居 老後25年間の費用 総額
賃貸 月8万×12ヶ月×25年 2400万
持家 月3万×12ヶ月×25年(例) 1000万

やっぱり持家がお得!!
持家には、マンションの管理費・修繕積立金、固定資産税などが年間約25万円かかるが、住宅のローン減税などにより控除される額で当面は相殺されることのメリットは大きい。賃貸は支払うだけで控除はない 地域・管理会社などによっては2年毎に更新料を払うこともある
差額が老後資金にプラスで必要になる ライフプランをシュミレーションしてみる

子育て時期の積み立て
教育費としての積み立ては、毎月2万+ボーナス30万=約50万の貯蓄が理想らしい
ただ貯めるのではなく、定期・財形・個人向け国債へ分けて貯める 我が家の場合は妻が公務員のため共済預金を活用したいと思います。年利1.8%利息は定期預金と比べても得である
Sony銀行の金融電卓で計算してみました
毎月2万積み立てを10年間     2,629,351円
毎ボーナスで30万を積み立て  6,000,000円   これで10年後には900~1000万になる
そのころには長女は12歳 次女は10歳となりますのでその後10年間はこの貯蓄を取り崩しながら生活をしていく

定年間際の貯蓄
子供が成人する20年後、私はちょうど55歳のおじさんになっています
定年までの5年間 年間2~300万を貯蓄することで1000 ~1500万の資金ができるが60歳定年後の再雇用では収入が減る(仕事があればだけど・・・) 65歳~は毎月3万貯蓄することで65歳までに1080万 合計すると2000~2500万 

老後資金の貯蓄時期
老後資金を若いうちから貯蓄したほうが良いと考える方もいると思うのですが、こんな記事がありました。そうですね 将来への不安はあるけれども子供の成長を止めることはできない。今は子供が成人するまでをどう生きるかを考え成人後に浪費を抑え貯蓄し、老後に備える

まじめに考えてしまったけど たまには考えるべきテーマだと思う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする