携帯だけじゃない。プロバイダーも乗換キャッシュバッグが常識?これからの自宅ネット環境

携帯電話会社の契約獲得キャンペーンとキャンペーン特典(キャッシュバッグ)などが問題視されてお国から注意されたみたいですが、消費者にとっては「そんなの関係ない」と自分が一番得する方法を模索するのが常です。それが実は自分達(契約者)の首を絞める状況となっても目先にニンジン(お金)がぶら下がっていたら食べちゃいますよね。

そんな私もできる限り得したい方です

我が家の通信費は右肩上がり2000年頃はインターネット回線を維持するのに5,000円程でしたが、現在ではその金額は8,000円と3,000円もアップしているではないですか?なぜ?まず回線はADSL→光回線に変更しレンタルモデム(光電話)が必要となったため毎月の固定額が増えたのです。 もうかしこい人は始めているはず

プロバイダーの乗換を

キャンペーンの適用で2年間で1万5千円~2万円程度お得になるのです。仕組みは簡単です プロバイダ変更の手続きをインターネットでするだけです。難しいのはルーターモデムなどの設定を変更することだけ、でも一度覚えてしまえば応用は簡単です。そして通信回線(光)は変更しなくてもいいので工事費はかかりません※プロバイダー側工事費は別ですが

image
プロバイダ料金比較 | 光ファイバー・ADSL – 価格.com
例えばですが、こちらの広告だとOCNをご利用されている方限定企画!! 2年間で18,240円も得できる。
OCN限定としているけど、これ接続元のIPアドレスから判定してOCN契約と判断して広告が差し替わるんだろうな。やっぱりN系じゃない通信会社はやることが・・・・ でも いいですよね 切り替えだけでお得になるなら、でも心配なのはメールアドレスが変わること それは以前から使っているメールアドレスが変わるのは何かと不便・・・

そう考えていたのは自分ですが、簡単な方法で解消することができます。それはGmailやYahooなどの無料メールを使う事です。以前だとYahooメールは正式なサービス登録に使えないなどと言われてきましたが、そんなことはありません。GmailやYahooメールで登録できないところは怪しいサイトかもしれません。これだけインターネットが普及しているのにネットのYahooアカウントやGoogleのアカウントがない方が怪しい人です。

加えて、携帯電話のメールもキャリアメールアドレスを使わずにGmailやYahooメールでやり取りされる方も増えています。これもMNPの影響かもしれませんね。いざ機種変更となった場合にメールアドレス変更するのが嫌だからという理由ななくなります。

なんか表題と違う内容になってきたような・・・

とにかく、我が家もプロバイダー変更を検討しております。 以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする