新型ノア/ヴォクシー 純正ナビとディラーオプションナビの特徴を簡単にまとめてみたよ

sdnavi1 先の投稿で純正メーカーオプションSDナビの解説動画をアップしましたが、どんな機能があるのか 特徴はなんなのか 簡単ではありますが自分なりにまとめてみました。

まず、純正メーカーオプションSDナビゲーションシステムの価格ですが、約40万円 値引きがあるとは思いますが、SDナビでこのお値段は少々高めかもしれませんね。で、ビジネスマン的に言うと「費用対効果」はあるのか?

主な特徴を
・Blu-rayの再生に対応している
・静電式タッチパネルを採用(スマホライク)
・G-BOOK mXに対応
・ETCユニット・パーキングアシスト・バックガイドモニター連動
・パノラミックライブサウンドシステム
そして、最大の特徴はステアリングスイッチでマルチインフォメーションディスプレイやオーディオ機能の操作の操作ができることでしょうか。ステアリングを握ったまま操作できると運転をしながら助手席や後部座席の子供たちのリクエストに答えることができます。※ディラーオプションのナビでは音量のみ操作が可能

ディラーオプションにも魅力的なラインナップがあります。それぞれの特徴はトヨタのホームページをご参照下さい。

「9インチ スマートナビ(NSZT-Y62G)」
 大画面9インチナビ・DCMモデルが税抜き27万4500円、非DCMが同23万2500円 「エントリーナビ(NSCP-W62)」
 とにかく安さが売り 7万8500円 「マルチリンクナビ(NSLN-W62)」
 HDMI・スマホ連携可能 12万5500円 「スマートナビ(NSZT-W62G)」
 9インチスマートナビと同等機能DCM19万7500円、非DCM15万5500円 「エクセレントナビ(NHZD-W62G)」
 コマンドスクリーンやスマホアプリ「smart G-BOOK ARPEGGiO」対応
 (DCM22万7000円、非DCM18万5000) また市販のナビも新型ノア/ヴォクシー専用モデルが発売されるでしょう。こちらに期待も膨らみます。
割り切って考えるとステアリングから音量だけでいいと考えれば市販ナビでもいいのではないでしょうか

ALPINE(アルパイン)カーナビゲーション9型【ヴェルファイア特別仕様車”Golden Eyes”専用】EX009V-VE-GO
Panasonic Gorilla SSDポータブルカーナビステーション 7v型 CN-SP735VL

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする