ディズニーランド駐車場運営は素晴らしい!!混雑を未然防ぐ策とは?

私事ではなりますが先日、10数年ぶりにディズニーランドに家族で遊びに行きました。自宅からはクルマで30分の道のりを首都高速の渋滞もあり1時間半。やっとディズニーランドの駐車場に着きました。

駐車場のゲートで駐車料金2,000円/普通車を支払います。そこからは夢と魔法の国ではあるのですが、お金の話をディズニーランドの2014年の年間来場者数を1日平均にすると8万人うちクルマでの来場者(台数)は???簡単に考えて半数の4万人が4人乗車して来場した場合1万台のクルマが駐車場を利用すると仮定すると20,000,000円(2千万円)です。

どれだけ儲けるんだよ。という気持ちでしたが、駐車場の運営を考えるとそんな事はないのかもしれませんね。料金ゲートは混雑に合わせて係員の方が増員されますし、駐車場までの案内各所に係りの方が配置されています。しかも一方通行(入口と出口は別)です。

そんな駐車場運営で恐れ入った事がありました。係りの方が白線で区切られた位置にクルマを誘導してくれるのですが、運転に慣れていないドライバーさんが白線を少しでも跨いでしまうと隣に停めるクルマを白線の真ん中へ案内したのです。2台で3台分のスペースを使うことになります。これは考えるに白線を跨いでしまったクルマのドライバーさんに位置修正をお願いするのではなく、次に隣に停めるクルマの位置を修正し後続のクルマがつかえない様にしているのだと気づきました。また、乗降時の安全も確保しなければいけないという考えでしょうか。徹底してますね。それから駐車場内はパトロールカーが巡回して盗難や悪戯などの行為を抑止し、加えて自転車でも巡回しています。これが開園から閉園までの14時間継続されているようです。この駐車場の運営には何人の係りの方が必要なのか?

それを考えると1台2,000円も高くないかなぁと思いました。

クリスマスイルミネーションが光るディズニーランド 子供がまだ小さいので乗り物は「イッザ スモールワールド」あとはパレードを3回見ました。ただ夜は冷え込み 強風でさむぃーーー。 防寒対策なしで乗り込んだのが間違えでした。案の定、下の子が風邪をひいたみたいです。次回はきちんと対策して臨みたいと思いました。

帰り道は自宅まで混雑もなく30分程度で到着しました。道が空いていれば近いディズニーランド またリベンジしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする