ダイハツ新型「ウェイク」発表!!純正カスタマイズパーツが凄い事になっている件

ダイハツから発表された「ウェイク」ダイハツ ウルトラスペースの新型車11月発売(DECA DECA市販モデル)!!密かに期待している私 | 単刀直入に申しますとでも記事にしましたが、室内空間が広い 新世代の軽ハイトデザインとでも言っておけばいいでしょうか?私が注目したのは純正カスタマイズパーツの充実っぷりですね。
image 利用シーンに合わせたパーツが紹介されています。釣り・サイクリング・キャンプ・登山・スノーボード・サーフィンと人気のアウトドアばかりで車名の「ウェイク」はウェイクボードが由来??? そんなシーンに合わせたパーツを一部紹介すると
image
キャンプやサーフィン時の着替えなどに使えそうな「バックドアタープ」そして、ラゲッジスペースを最大限に活用できるラゲッジボードやセパレートネット。もちろん釣りのロッドを収納できるロッドホルダーもある。また大空間の天井にネットを渡して使える収納など充実しすぎてます。
image そして、シートカバー(エプロン)もある標準のシートも撥水加工されているので安心だけど、これなら海や雪山で濡れたまま運転できる。とアピールするメーカー側

でも皆さん雪山へ行って濡れたまま運転しますか?

自分はありません。少なくとも自分のクルマでは、これが田舎だと違います。

勘違いしないでくださいここでの田舎=生まれ故郷の福島です。若いころは時間はあってもお金はなかった。スキー場では休憩なしでノンストップで4時間券をフル活用しました。そのため着替えなんかに時間を費やすことはできません。ゲレンデついたら速攻チケット買ってリフトに直行です。時間勝負なのでウェアは自宅から着用して知人のクルマに乗り込みます。滑り終わったら、ウェアを着たまま帰ります 防寒具としてウェアが活躍するのです。行きも帰りも自宅までクルマで送り迎えなので駅に降ろされることもないですから、これは田舎でも稀かもしれませんね。そんなシーンでは大活躍してくれそうです。
image

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする