藤巻幸大さんが教えてくれた「クールビズ」にふさわしいシャツ選びのポイン ト は3つ そして小物でキメる

藤巻幸大さんをご存知でしょうか?大学卒業後、伊勢丹に入社しカリスマバイヤーとして活躍し、服飾小物会社の企業再生やセレクトECショップのプロデュース・国会議員も務めた方ですが、2014年3月15日に54歳という若さで亡くなった。心よりご冥福をお祈りいたします。 今回は、故:藤巻さんが教えてくれた「クールビズ」にふさわしいシャツ選びのポイントをご紹介します。
今年の夏は気象予報では冷夏になると言われていますが暑いことには変わりありません。年々夏の暑さに大汗をかきながら出勤や移動をしている中年オヤジにとっては辛い時期ですが、少しでもおしゃれにカジュアルに仕事ができたらと思います シャツ選びのポイント
1.濃い青や黒、派手な柄物のシャツは避けましょう。→ちょっと暑苦しいなと感じる。清潔感に欠ける
2.シャツの色は 白、淡いブルー、ピンクの3色→汗が目立たない さわやかな印象を与える
3.襟(カラー)×色の組み合わせで揃える→バリエーションが増えることで着回しができる 上記のポイントに注意しながらシャツ選びましょう。私の場合は、高級なシャツは買えませんのでファストファッションを上手に組み合わせてバリエーションを揃えたいと思います。基本的な色は白や淡い青をを中心にストライプなどを気持取り入れた生地をセレクトしたいですね。

オシャレを勘違いしない
藤巻さんはオシャレしようと思いすぎないことが大事。それは濃い色やステッチがたくさん入っているものや高い襟などはオススメできない。シャツはベーシックでシンプルが一番という。なんだか基本的な事だけど大事なことですよね。

小物を実用性もある物を
藤巻さんは小物を使い、涼しさを楽しむ ためにハンカチや扇子を取り入れています。まずハンカチは麻素材やポイントしてストライプ柄を取り入れるとオシャレ。扇子は老舗の扇子店などで購入することを勧めている。実は私も京都の扇子店で購入する柿渋染めの扇子がお気に入りです。なぜならシンプルだし壊れにくい 安物はすぐに骨がダメになる
sensu
今年は、ぜひ暑い季節を涼しく かっこよく過ごしたいものです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする