AWS EBS リージョン間コピーを使ってみた。

今日は、昨日悩んでいたことを解決したいと思っていた。今一度、EBSについてAWSの玉川さんのスライドを読み返してみた。悩んでいた事は最近サービスをAWSへ移行したが、万が一にも東京リージョンで障害が発生した場合の対策である。いろいろとネットを検索ながら、方法を模索した。 スーパーマーケットで数多くの味噌の中から選ぶのが難しいように多くの情報に触れすぎて 一番良い方法が何か判断がつかない状態になっていたがシンプルに考えるとバックアップである。しかも東京リージョン全体の障害に備えれば良い。

東京以外(日本)の場所にバックアップを置き、万が一の時にインスタンスを起動してDNS情報を書き換える事ができれば、一時対応としては完璧である。いろいろなサイトを眺めるとリージョン間コピーや別リージョンで既存インスタンスを起動するのに注意しなければいけない点があった。Windowsは本当はできないみたい でもここを確認してください。

LinuxはリージョンによってKernelIDが異なる(存在しない)ことがあるので注意が必要 確認方法として移動先リージョンで同OSのインスタンスを起動した際のカーネルIDを確認する

私も試しにやりましたが、デフォルトでは起動しませんでした

以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする