新型「Audi A1」と国産コンパクトを「エンジン性能・サイズ・価格」をゆるく比較してみました。

image

A1とは

フォルクスワーゲン傘下のAudiが販売する小型車で「ポロ」と同じプラットフォームを採用されているAudiのラインナップで最もコンパクトなモデルとなっている。2010年に販売開始(日本では2011年1月)日本でも1万7千台以上を販売しているクルマです。街中でも見かけることがありますが、とてもコンパクトで日本の道路事情にもマッチしている印象です。 4タイプあるけど
A1 2ドア 
A1 sportback4ドア
S1 2ドア
S1 sportback4ドア
まぁSシリーズなんかは手が出ないお値段なので私の場合は無視ですけど、実用性を考えると「A1 sportback」の4ドアが一番いいかなぁ~ 

マイナーチェンジの目玉はエンジン

今回のマイナーチェンジで新たに登場したのが「1.0L直列3気筒DOHC・直噴ターボ」です。
これまで1.2Lと1.4Lしかラインナップにありませんでしたが、ダウンサイジングターボと言われる流れでしょうか。しかも気筒数を4→3にすることで軽量化も実現しているのでは? 1.0L直列3気筒DOHC・直噴ターボの実力
カタログ値としては最高出力は95ps/5000-5500rpm、最大トルクは160Nm/1500-3500rpm。例えば国内だとトヨタのヴィッツが69ps/6000rpm 最大トルクは92Nm/4300rpm(非ターボ)日産マーチは1.2Lですがアウディと同じ3気筒エンジンですが最高出力79ps/、最大トルク106Nmです。数値だけ見てもアウディのターボが優れていますね。では燃費はどうかというとアウディ史上最高の22.9km/Lという数値です。トヨタのヴィッツを参考にすると25km/Lなので誤差かなあ実用上ではどうかは長期のロードテストのレポートを待つしかなさそうですね
参考程度に「S1 sportback」は2.0L直列4気筒インタークーラーターボで231PS/370Nmです

サイズは日本にピッタリか?

A1 sportback4ドアの全長x全幅x全高が3,985×1,745×1,440(mm)、トヨタのヴィッツは3,885x1,695x1,500なのでヴィッツと横並びもしくは前方から並べてみると見るとほんの少し大きく見えるはずなので日本の道路事情にマッチしていると考えていいと思います。これなら嫁さんも「大きい」と文句は言わないだろうな(小さいとは言うかも)実用的には大人4人が長距離を移動するには小さいと思いますが、大人2人子供2人なら十分な広さでしょうね。 image

価格は?

A1 sportback 1.0 TFSIが269万円、1.0 TFSI Sportが285万円。
A1 1.0 TFSIが249万円、A1 1.0 TFSI Sportが265万円
参考になりますが、1.4 TFSI Cylinder on Demand SportのA1が329万円でA1sportbackが349万円なので1.0Lは80万円程度安いのでアウディのA1に乗りたいだけなら1.0Lを選ぶなぁ私なら300万を超える価格ですと国産の5ナンバーミニバンを買いそうです。

私はこう思う

日本の道路事情を考えると、地方都市は道路幅も広く大きなクルマでも問題にはならないと思いますが、首都圏や都市部には区画整理前の細い道 袋小路など大きなクルマだと不便な事が多々あります。腕に自信のあるドライバーも2〜3m幅の道路では運転に不安があるのではないでしょうか?私も最近、戸建や売地を探しているので見知らぬ道を走る事があるが、道路幅もしくは区画が整備されていない場所を物件の値段が安い事に気がつく。当たり前ですが、そんな場所ではミニバンのように全長があるクルマは不向きです。見通しが悪いクランク道の住宅地ではベテランでも擦る事があると思います。 そんな時にコンパクトなクルマなら小回りがきくので運転しやすいですよね。国産でも良いけど、ちょっとオシャレなドイツ車を買うならアウディかなぁ もちろんベンツも良いけど若干の威張り感と言いますか威圧感があるしBMWだと・・・いう方にオススメではないでしょうか? 試乗のレポートにありましたが、市街地から高速へステージを移しても加速がスムーズなのでストレスがなく、7速Sトロニックの恩恵でスピードを出しても回転数が高くないのでエンジン音も控えめという優秀さ 個人的には駆動がFF(前輪駆動)なので雪道では並ですね。ただA1は雪道を走るためのクルマではなく舗装された都市部を走る 日常の足として使うのがベストなんでしょうね。
image

先代(MC前)の中古相場

H24年 1.4Lのスポーツバックで150〜190万が相場みたいです。豆知識としてメンテをしっかりしているドイツ車なら過走行でも問題ないらしいです。狙うなら高年式で距離が5万キロ以上でメンテ記録などの情報がハッキリしているクルマですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする