設計図は2階から描くのが鉄則?

皆さんは住宅の設計図を描いた事ありますか?住宅の設計って簡単ではないのに素人ながらに夢を描いてしまいます。

そんな時に設計士さんからのアドバイスを教えます。それは
「2階から描き始める」です
1階から描くのが普通じゃないのと思いますが、実は2階から始めるのがいいのです。その理由は簡単です。2階と1階を結ぶ階段の位置を決める事が重要なのです。
唯一2階にも1階にも存在するからです
次に重要なののは四隅の通し柱 鉄筋コンクリートの家は別かな? 私は木造の家を建てたいので四隅の通し柱がない家なんかは考えられない。建売を考えている方も物件の四隅に通し柱があることを確認しましょう。
これで階段と四隅が決まりましたので間取りを描きましょう。
なかなか描けないという方は丸を描き具体的な要素(キッチン 風呂 トイレ)などを加え並べながら配置を考えるのもいいです。
設計士さんが開催する間取り教室を受けるのもオススメです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする