新型レガシィがシカゴオートショーで世界初公開!2015 LEGACYの中身をちょっとだけレヴォーグ比較

image新型レガシィがシカゴオートショーに登場しました。スバルに乗らないスバリストとしては気になる内容だったのでコピペしちゃいました。
image
このメーターは 2015年LEGACY北米モデルのものです。かっこいいなぁ~
そして、インパネと運転席周りはこんな感じです。アメリカ的なデザインでゴッイ感じですね

車両の詳細はというと 搭載されるエンジンは2種類
・FB型2.5リッター4気筒DOHC(175馬力)
・EZ型3.6リッター6気筒DOHC(256馬力)

ミッションはリニアトロニック(CVT) そして、もちろん駆動方式はシンメトリカルAWD
「アイサイト」も搭載予定でレヴォーグと同じver.3相当のシステムとなりそうです。またBSD(後方死角支援)なども搭載され安全性が高くなっていますね。北米でのスバル車を購入する層に医者や弁護士が多いのはこんな安全性への考慮が大きく関わっているのでしょうね。

サスペンション形式は、フロント:ストラット、リヤ:ダブルウィッシュボーンでタイヤサイズは225/55R17もしくは225/50R18になると言われています。

ボディサイズは(レヴォーグ比較)
全長:4796 mm(4690mm)
全幅:1840 mm(1780mm)
全高:1500 mm(1490mm)

最後に[SUBARU] LEGACY World Premiere Movieをみてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする